ポップでキュートな夢みて

キラキラ輝くキミたちについて @u8ru8c

風 is I?-備忘録と揺れる情緒について

韓国在住のオタクとして、日々「現場が遠い」「アジアツアーやってくれ」と東の方に圧をかけ続けた私ですが、夏休みを利用して一時帰国しました。
夏休みもなんだかんだ学校がバタバタしてて悩んだものの、指導教授に日本帰る宣言をして帰ってきた目的はただひとつです。

風 is I?に参戦するため。

奇跡的に自名義が仕事をして、初日の席を用意してくれたので、『Hello』を聴きながら飛行機に乗り久しぶりの東京へ。
ありがたいことに座席はアリーナの後方、お立ち台・バクステ近くという良席でした。本当にSTY
結論から言うと、めちゃくちゃ最高だったので、レポというよりも公演中の情緒まとめという体で書きたいと思います。


※ネタバレあります※


f:id:neruyooo:20170809093222j:plain

風 is I? 8/4公演


例年に等しく、英語のナレーションから始まる。
12歳の少年が幼くして死ぬが、まだやり残したことがあり、10年後の22歳の姿になって1日を過ごすというストーリー。
開始5秒で「俺は死んだ」とか言うから、私は「やだぁ泣」と泣き崩れた(初っ端から情緒不安定)


・But…

ポワンポワン、という電子音の前奏と共にソファーに座った風磨くんが登場。
スクリーンには風磨くんの影が映り、不安定な魂がゆらゆら揺れているような演出。
消えそうな魂が風磨くんの実体とひとつになったとき、ニヤリと笑う風磨くんにもうダメってなる。
SixTONESバーテンダーみたいな恰好で、魂がゆれるようなしなやかなダンス。
松村北斗の骨格と顎のラインにやられて、いろいろな意味で泣きそうになり1曲目から頭が混乱する。

そもそもジュニアの推しが北斗くんなんだけど、北斗くんに落ちたきっかけが少クラのBut…で、But…ばかりは北斗くん見るねごめん風磨くんって決めてたんだけど、まさか自担の1曲目から推しに目を奪われるわけにはいかないじゃんどうすんの私あぁでもやっぱり北斗くんのダンスすきえろい…と情緒が不安定になる。


・LOVE CHASE

・Tokyo sinfonietta

・fragile

まだ魂が不安定なのか、不穏な空気のまま進む。

望むなら掴めるから

花びらが風に吹かれ命のように散っていく
ただ追いかけて悲しみもなく途方に暮れるんだろう
涙拭かないとほら、桜がキレイだよ

儚い命と望みを叶えようとする野心が見え隠れする。
特に『fragile』で桜をバックに苦しそうに歌う風磨くんに目を奪われた。
ピンク色の照明が美しすぎた。

確かに生きている
あの桜みたいに力強く
言葉じゃないものが
心に咲き誇れ.あの桜みたいに…


・東京ドライブ

・SHAKE

ここからまた雰囲気は一新する。
とにかく明るいパーティータイム感。なのにどこか切ないのはどうしてなのか。
ちびジュがとにかくかわいかった。
東京ドライブはジェシーがハーレーみたいなバイク(風磨くん曰く「田舎のヤンキーが改造したチャリ」)に乗って登場。

舞台は変わり、ひとりジェシーがバーのような場所でお酒を飲んでいる。
「風磨が戻ってきた。信じられない。」
そして後ろに風磨くんが登場して、超ベリベリ最高なハッピー空間になる。
SHAKEのときに目の前のお立ち台に織山くんが来て、前からダンスがすごいのは知ってたけど近くで見たら顔がものすごくかわいい。
あと頭が小さくてピンボール球みたいだった。


・夢でいいから

・Tipsy Love

ここの多幸感がすごい。
夢でいいからでは上から幕みたいのが降りてきて、夢の中のような幻想的な雰囲気。
Tipsy Loveでは風磨くんが「みんな歌って」と客に歌わせるけど、なんせ初日公演のオタク。
ごめん歌えないってなったけど、何人か歌えるオタクがいて、「よくできました」と褒めてくれる。げろ甘か。


・My life

はいきました!!!!新曲!!!!!!
タイトルだけ出たときは勝手にマイラビみたいな曲なのかなって思ったけど、サウンドはBut…っぽいEDMで、歌詞の世界観は…moreみたいな多幸感溢れるやさしい彼氏感。
でかいワッペンついたスタジャンを着た風磨くんが、EDMのサウンドにのせて楽しそうに踊っている。
歌詞はよく見るとエロい。のにオシャレ。オシャレすぎて聴いてるこっちまでオシャレになる(?)


・月の幻

目隠しして 首筋から たどってゆく カタチどおりに
指先覚えてる感覚 月明かりに浮かんでる shadow
oh why oh why 君なんていない 夜が作る幻みたい
何度も繰り返し言い聞かす 僕は君を愛してなんていない

しあわせな雰囲気から、また不穏な空気を垣間見せられる。
歌詞が苦しい。
消えてしまう自分を思い、何度も言い聞かせるように「愛していない」と言う。


シリアスな雰囲気を残したと思ったら、スクリーンに映画の予告のようなものが流れる
「I'm back!」とほほ笑むのは、タンクトップにデニムショーパンを着た慎太郎。
まってまってどうしたと思ったら、馴染みのあるメロディが流れ始める。
オタクの情緒が忙しくなる。


・愛ing

パラダイス銀河

・SUMMARY

タンクトップとデニムショーパンに肌色ストッキングを身に纏った風磨くん+SixTONESが登場。
ノリノリでぶりっ子全開。
去年の反響がものすごくて、今年もやることになったらしい。
ローラースケートを履いてパラ銀が始まるかと思ったら、SUMMARYが始まる。
初日はほとんど誰も滑れていない。へっぴり腰。
私は何を見ているんだろう、と意識が飛ぶ。
かろうじて覚えているのは、手をつないで回るとき高地先生が京本の腰につかまっていた(かわいい)
初日の一発ギャグは慎太郎。


コント

詳しいことは割愛。印象に残っていることを箇条書きにすると
・文京区担当の神様・樹
・奥さんに全然高望みしてないけどバストを欲しがる12歳の風磨くん
・子供は2人でいいっていいながら手のひらは5の数字の12歳の風磨くん
・ふまほくイチャイチャかと思ったら奥さんの闇
・It's going down
・バイト先の高地モテモテ
・ゆごほくエンド

ひとことで言うと、ボケが散らかりすぎてツッコミが樹だけで大変そうだなって思った。
去年は風磨くんがツッコミだったけど、ボケの風磨くん楽しそうで癒された。かわいい。


・太陽の世界

・Hello

ついにやりおったと思った、太陽の世界。
とにかくかっこいい。ハイカースト感がすごい。
Helloのファンサタイムにやられる。しあわせすぎた瞬間。

君に会える それだけでこんなにも輝いて


MC

問題のMCです。
最初はゲームをやろうってことで、ワードウルフを。
ひとりだけカードのお題が違くて、少数派は誰なのかを当てるゲーム。
この日の少数派はジェシーだったんだけど、北斗くんだけ正解であとのみんなは罰ゲームでまずいジュースを飲むことに。
まずいジュースを運んできたのは、全身黒い服に身を包み黒キャップをかぶったやたらスタイルのいいスタッフ…?

まぁ、ケンティだったんですけどね!!!!!

まさかの隕石激突に客席大興奮。
風磨くんデレデレ。デレデレした風磨くんの姿に、ストメンバーがやや戸惑う(笑)
そしてまさかのB.I.Shadow再結成。ララリラのサビを歌ってくれる。
オタクの妄想が叶いすぎて夢を見てるんじゃないかと崩れ落ちる私。


※日付の誤字とSixTONES表記の誤字は許してください

とにかくやさしさしかないMCの時間。

個人的にすきだったMC。
サラサラSixTONESまじでかっこよかった。樹のサラサラな前髪えろかった。

隕石激突とB.IのせいでMCのとき記憶をたくさん飛ばしているので、大目にみてください。
ふまけんはニコイチらしいです(本人発信)


・First Love

特別に許可をとったというから何かと思ったら、まさかの宇多田ヒカル
感情をこめているのがわかって、聴いているこっちが苦しくなった。
個人的な話をすると、人生でどん底の失恋をしたときに聴きまくった歌だったので、感情移入してめちゃくちゃ泣いた。


・Amazing!!!!!!

・この星のHIKARI

ストコンのターン。
単コンかな?ってくらい一気に空気がSixTONESに染められて圧巻された。
アメ~ズィンはずっと生で見たいって思ったから見れてよかった。
北斗くんのジャンプすごい。めっちゃ跳ぶ。幅跳び。


・rouge

・…more

もうね!!!AV見てるのかなって思ったよ!!!!rouge!!!!!
黒いシャツをけしからんくらい乱した風磨くんが、苦しそうに歌う。腰を振る
バクステでrougeを踊る京本が近かったけど、CGかと思うくらい美しかった。泣いた。
後ろのモニターに映った風磨くんが涙を一筋流して終わる。

シャツを少し正して歌う…moreもものすごかった。
最後は秒針の音に合わせて指を動かすんだけど天才。風磨くんは天才。


・Over Flow

・My Lovin' Season

激エモゾーン①
Over Flowのバックには決起会で海に行ったときに撮った映像が流れるんだけど、これがひどいやばい(語彙力ログアウト)
風磨くん・SixTONESと海に行ったわたし♡と夢に浸るもよし、ふまストのわちゃわちゃに癒されるもよしなso good素材。
早く映像化してくれよな。

風はそっと優しく伝わって 君は囁くよ 色褪せない空気から帰りたくないと

エモい(確信)
最後「君と出会ったこの季節を胸に抱いて」って歌いながら、手を胸にギュッとする風磨くんが切なかった。
この歌詞は12歳の風磨くんの気持ちでもあるし、風Iを作り上げた今の風磨くんの気持ちでもあるのかな。

アロハシャツだいすき芸人なので、ここのアロハシャツ衣装がとにかくすきだった。
北斗くんの着こなし方が安定の北斗くんだったので、早く映像化してくれよな
マイラビでは多幸感に満たされる。
たくさん歌ってたくさん風磨くんに褒められてオタクはしあわせです。


・it's going down

ここからまた不穏な空気に。
風磨くんはレーザーの使い方が天才だなと改めて魅せられる。
レーザーに体を突き抜けられる姿は痛々しかった。
他の方のレポで、レーザーの色がセクゾのメンカラだったっていうのを見かけたけど、そうだったらSexyZoneになることへの伏線なのかな。


・T.A.B.O.O

はい。満を持してT.A.B.O.O登場で客席歓喜
ここの風磨くんはおえろかった。むり。


・リリック

・喜びの歌

ほら!!!激エモゾーン②だよ!!!!テストに出るよ!!!!
ふまパラ恒例のリリックでボルテージがあがったところで、まさかの喜びの歌。
初日入った感じだと、客席のテンションがいちばんあがったのってここじゃないのかなと個人的に感じたり。
なんせ特急田中3号だよ…。
「愛してる以外に見つからない」「生きてるただそれだけで走っていける」っていう前向きなメッセージなはずなのに、とにかく切なくて涙がこぼれた。
樹のラップでも泣いた。
「着くな終電」ってみんな思ったよね。無理だってわかってても、この時間がおわらないでほしいって願った。
最後に風磨くんが「愛してる(ニヤ)」と囁いて卒倒。
Kドルの「サランヘ」でついた耐性がぶっ飛んだ。


・20-Tw/Nty-

・素晴らしき世界

12歳の風磨くんが最後に伝えたかったのは、周りのひとたちへの「感謝」。
自分のこれまでの人生が周囲の存在なしにありえなかったことを、精いっぱい歌声にのせて届けてくれる。
周囲の人々に、この世界に感謝の言葉を残して風磨くんの姿は消え、記憶からも立ち去る。
「着くな終電」って言ってたくせに、最終電車に乗ってしまう。
写真の演出は鳥肌やばかったし、立っていられなくなって友達に寄りかかってた(ありがとうそしてごめんね)

SixTONESを、そして私たちを残して風磨くんは消える。
最後に自分自身に、そして会場へ「Who is I」と問いかけながら。


アンコール
・Party up!

・HEY WHAT'S UP

・oh! yeah

アンコールでは、悲しいことを笑い飛ばすように底抜けに騒いで盛り上がる。
Hey What's up?では客席に「楽しかった?」と問うように。
Oh!Yeah!で歌って騒いで、夏はあっけなく幕を閉じた。
「もう一度あの日に戻るとしても 同じ道を選ぶだろう」と力強く肯定して。

あと初日の日は慎太郎の誕生日をお祝いした。
会場のみんなでTw/Ntyを歌って、みんなでウルウルしてやさしい空間だった。
風磨くんたちからのプレゼントは『LOVE』と大きく書かれたTシャツ。
愛しかない。

感激して今すぐ着ようとする慎太郎に「結構いいやつだから 汗かいた今着ないで」って突っこむ風磨くんの顔はどこまでもやさしかった。すき。


f:id:neruyooo:20170809093250j:plain


風 is I?参戦後の弊害まとめ


・次の日に熱を出した

あんまり風邪をひかないけど、知恵熱なのかなんなのか2日間寝込んだ。
おかげで1.5㎏痩せた。


・北斗くんにPay-easyした

察してください。


・倫理観の崩壊

色々とギリギリ。



そんなわけであっという間に私の夏が終わりました。
円盤まで気が長いし、次の現場考えたら死にそうだけど、風磨くんが今回私たちにくれたメッセージと素敵な夏の思い出を胸に抱いてがんばろうと思います。


公演後にだいすきな谷川俊太郎さんの詩を読んでいたら、今回のストーリーにぴったりなものを見つけました。

f:id:neruyooo:20170811112157j:plain

夏が終わりました。


f:id:neruyooo:20170809093336j:plain

\最後はおれ!!!!/